かかりつけ医とはどういった存在か

どんな方でも一度は蒲生四丁目の皮膚科は福永記念診療所に診てもらったことはあるでしょう。恐らく誰もが身近にかかりつけの平野区で実績が凄い透析医を持っていると思います。ただ、伊丹市で実績が凄い訪問かかりつけ医ってどんな医者と言われると、その考えは人それぞれであると思います。近所のかかりつけ医をまさに自分の主治医としてパートナーシップを築いている方もいれば、単にちょっとした風邪だけをみてもらうための相談機関のようにとらえている方もいるでしょう。私はどちらかというと後者です。かかりつけ医にはとにかく処方箋さえ用意してもらえれば良いと思っています。かかりつけ医を訪ねるのは、だいたいいつもの症状によりますので、わざわざ問診も必要ありません。病気に関しての自分なりの見立てはできているので、とにかくつべこべ言わず処方箋さえ出してもらえれば良いとさえ思っています。こんなこと言うと医者に対して失礼だとも思うこともありますが、かかりつけ医はそれで成り立っているものと思います。幅広い患者と広く浅く付き合っていくことで採算が取れていることと思います。